dd-wrtをインストールする

OpenWrtをインストールする

La Fonera+ FON2201EにDD-WRT(v24-sp1)をインストールしたのだが、動作の軽さと入手可能なパッケージの多さに惹かれて、OpenWrt(Kamikaze 8.09)をインストールし直した。(インストール方法はウェブで検索していっぱい引っかかるので省略。)しかし、インストール後、起動できなくなってハマってしまった。(^^;)

千石電商で買ったUP-12Cのケーブルを携帯電話へのアダプタ側で切断し、また、ビックカメラで買ったジャンパピン用コネクタがついたUSBケーブルをUSBコネクタ側で切断し、2つをはんだで接続した。ニッパーで皮を剥いたんだけど、電線がすごく細く難儀した。(^^;)

La Fonera+の箱を開けて、日経Linux 2009年4月号の記事を参考にして、各コネクタをLa Fonera+のピンに接続した。そして、Teratermでシリアルで接続してRedBootで入った。

RedBoot> fconfig -l -n

を実行すると、

boot_script_data:

.. fis load -l linux

.. exec

となった。しかし、

RedBoot> fis list

を実行すると、linuxは存在せず、vmlinux.bin.l7がある。一度、DD-WRTをインストールすると、

boot_script_data:

.. fis load -l linux

.. exec

となってしまって、OpenWrtをインストールしたとき、うまく起動できなくなるということだ。そこで、

RedBoot> fconfig boot_script_data

boot_script_data:

Enter script, terminate with empty line

>> fis load -l vlmlinux.bin.l7

>> exec

>>

を実行した後、リセットすると、起動するようになった。めでたしめでたし。(^^;)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-14 (日) 18:23:03 (3078d)