* CentOSでASUSマザーボード P5Q SEでAtheros L1E LANアダプタを認識させる [#ef4b4fca]
CentOS 5.4(x86_64)をデスクトップのみの標準インストールでインストールして、システムを更新していない状態で、AtherosのL1E LANアダプタを認識させるために、カーネルを再構築して、LANアダプタのドライバソフトをコンパイル、インストールする。カーネルソースパッケージとLANアダプタのドライバソフトはUSBメモリ等でマシンにコピーし、それ以外のパッケージはDVDからインストールする。なお、カーネルの再構築はもしかしたら不要かもしれないし、以下では余計な作業があるかもしれない。

** 1. gccのインストール [#i63f2634]
> # rpm -ivh gcc-4.1.2-46.el5.x86_64.rpm glibc-devel-2.5-42.x86_64.rpm libgomp-4.4.0-6.el5.x86_64.rpm glibc-headers-2.5-42.x86_64.rpm kernel-headers-2.6.18-164.el5.x86_64.rpm

** 2. カーネルソースパッケージのコピー、インストール [#td3873c8]
カーネルソースパッケージは別マシンでwgetでダウンロードする。

> $ wget ftp://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.4/os/SRPMS/kernel-2.6.18-164.el5.src.rpm

CentOSマシンにUSBメモリ等でコピーして、

> # mkdir /usr/src/redhat
> # rpm -ivh kernel-2.6.18-164.el5.src.rpm

** 3. rpm-buildのインストール [#da27855d]
> # rpm -ivh rpm-build-4.4.2.3-18.el5.x86_64.rpm elfutils-0.137-3.el5.x86_64.rpm elfutils-libs-0.137-3.el5.x86_64.rpm

** 4. redhat-rpm-configのインストール [#ncd724b5]
> # rpm -ivh redhat-rpm-config-8.0.45-32.el5.centos.noarch.rpm 

** 5. unifdefのインストール [#mf627b17]
> # rpm -ivh unifdef-1.171-5.fc6.x86_64.rpm

** %%6. ncurses-develのインストール%% [#ha15842c]
> %%# rpm -ivh ncurses-devel-5.5-24.20060715.x86_64.rpm%%

** 7. カーネルソースパッケージのrpmbuild -bpの実行 [#udb3e02f]
> # cd /usr/src/redhat/SPECS
> # rpmbuild -bp --target=x86_64 kernel-2.6.spec 

** 8. シンボリックリンクの作成 [#n52e0b66]
> # cd /usr/src
> # ln -s /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.18i/linux-2.6.18.x86_64 linux

** 9. カーネルのコンパイルとインストール [#b1a5ad5d]
> # cd /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.18/linux-2.6.18.x86_64/

カーネルにバージョン番号を付ける。

> # cp Makefile Makefile.org
> # vi Makefile
> EXTRAVERSION = -prep

を

> EXTRAVERSION = -091115

に修正。091115は年月日でオリジナルカーネルと区別できるようにしている。

> # make mrproper
> # cp /boot/config-2.6.18-164.el5 .config

> %%# make menuconfig%%

%%何も変更せず、configurationをsaveしてexit%%

> # make bzImage && make modules

> # make modules_install
> # /sbin/installkernel 2.6.18-091115 arch/x86_64/boot/bzImage System.map

追記(Nov 28, 2009)。書き忘れで、多分必要。
追記(Nov 28, 2009)。書き忘れで、必要。
初期RAMディスクの作成
> # mkinitrd -f /boot/initrd-2.6.18-091115.img 2.6.18-091115

システムを再起動して、grubメニューでインストールしたカーネルを選択して起動。新しいカーネルで起動しておかないと、次項10のインストールがうまくいかなかった。

** 10. Atheros L1E LANドライバの展開、コンパイル、インストール [#x07222ac]
[[ASUSのサポートページ:http://www.asus.co.jp/products.aspx?modelmenu=1&model=2428&l1=3&l2=11&l3=709&l4=0]]より、Atheros L1E LANドライバをダウンロードして、USBメモリ等でシステムにコピーする。

> $ unzip LinuxDrivers.zip
> $ cd LinuxDrivers/Lan
> $ tar jxfv l1e-l2e-linux-v1.0.0.4.tar.bz2
> $ cd atl1e/src
> $ make
> $ su
> # make install

** 11. /etc/modprobe.confの編集 [#a5bca85e]
> # vi /etc/modprobe.conf
> alias eth0 atl1e

を追加

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS