Titanium Mobileアプリ開発での国際化の際の注意

Titanium Mobileで開発するiPhone/Androidアプリ 北尾雅人著を読んでいますが、アプリの国際化のところでハマりました。strings.xmlファイルを作り、jsファイルで、国際化する文字列を、L(‘keyword’)で置き換えたのですが、アプリを実行すると、国際化した文字列がなくなり、表示されませんでした。プロジェクトを一旦クリーンしてから、再ビルドして、実行すると、文字列が表示され、ちゃんと国際化されました。これはAndroidでの話で、iPhoneではどうかは確認していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です